けっこう勇気のいる全身脱毛

ミュゼって本当に脱毛効果ある? >  全身脱毛への挑戦

全身脱毛への挑戦

光脱毛(フラッシュ脱毛)に恐怖心がなくなった私は次に脱毛の効果を 確かめなければなりませんでした。言われた通り3回では全く終わりそうもありません。
「私の脇はものすごく濃いですか。毛は誰よりも太いでしょうか?」 勇気を出して聞いてみた。

「範囲としては広い方、太さは平均よりは太いほうでしょうか。」
まぁ予想通りのお答えでした。見慣れてるエステティシャンにはどぉでもよい話なのでしょう。
3回1年弱の施術が終わるころには毛量も減り毛も細くなっていました。 効果はある!通い続ければ絶対につるつる素肌になれる!心から確信できました。
フラッシュ脱毛を調べてるうちにもっと最新の機器を取り入れているお店をみつけました。
同じ銀座にある、脱毛専門店。すぐに予約を取り話を聞きに行きました。

そこの光の照射範囲は1センチ×4センチ。
前のお店より倍の範囲を照射して光の強さも数倍上がっているとのこと。
「下の毛を脱毛したいんです。やってますか?」
当時、陰毛は施術しないお店がたくさんありました。 誰にも見せられない陰部まわりまでやってもらわなければ意味がない。 ここのお姉さま方の前では大股開いてこの針金のような剛毛を無くしてもらわなければ…。

そんな覚悟で来たのですから。 「お任せください。V、I、O全部照射できます。」 号泣しそうになった。興奮してその場を転げまわりたかった。こんな日がやってくるなんて。
ついでにこんなことも聞いてみました。
「陰毛が針金のように太くてジーパンも突き通すのですが、例えば残したいところも何回か 照射して毛質を細く柔らかくすることも可能ですか?」
「もちろんできます。ご希望どおりにすべて施術可能ですよ。」

天使に見える~!この人天使に見える~!その場で契約しました。
とにもかくにもVIO12回。ふくらはぎ12回。脇6回。はじめはこのくらいで契約したのかな。
その後も背中や足指の毛、うなじ、おへそ回り、色々付け足したけど トータル40万も払ってないと思います。当時としては安かったはずです。



さぁ、施術のはじまりです。パチン、パチンと慣れた手つきで照射していきます。
やはり太い毛を照射するときは多少痛みはありました。でも一瞬のことで全く問題なし。 エステティシャンのお姉さんとおしゃべりしながらの楽しいひと時です。 ただし。1ヶ所だけ、ある部分だけとんでもない痛みで震える場所があるのです。

そこは、V、I、Oのデリケートゾーン。 お願いしたようにすべてを無くす部分と残すけど毛質を柔らかくする部分と2ヵ所に
分かれるわけだが、この1年は全部、すべて照射してツルツルにしなければならない。 つまり、俗にいうパイパン状態でございます。
この状態、かなり恥ずかしい。銭湯、温泉もちろん行けません。なにより彼になんと言おう。

そんなことはさておき、初回、デリケートゾーン照射の痛みに耐えられず、私はなんと 逃げ出してしまった。お店中に響き渡るほど痛みで叫んでしまった。
それはもう数百本の針を一気に射してグジュグジュってかき回された感じ。
全身汗びっしょりで体中震えている。「今日は終わりにしましょうか?」 「今日は帰ります。」別人のように下がったテンションでお店から出ました。

まぁ、ちょっとビックリしたのもありますが、この痛み、耐える価値がある!
それを確信していた私はすぐさま、次の予約を取り直し、覚悟を決めて通い始めました。
陰部を照射するときは、全身に力を入れて、息を止めます。 「3拍子でお願いできますか?」「えっ?!」
「3回連続照射したら、1回休憩のリズムでやってほしいんです。」 その間息を止めるから。

「分かりました。」もうここからは共同作業です。
カーテンの中であの二人なにやってんだ?!って感じです。
お姉さんは3回の始まりのたびに「いきます」っと言って照射してくれました。
「はい~」歯を食いしばって返事をする私…。

まさに戦いです。
こんなに激痛なら私の陰部は真っ赤に腫れ上がっているに違いない。と
恐る恐る覗き込むと、あら不思議。
つるっつるでキレイなお肌。剃ったり抜いたりしてないから、デコボコしないんだわぁ。
スゴイ!素晴らしい! 1年が過ぎ、2年が過ぎ、3年目に入ったころから、少しずづ痛みも激痛ではなくなってきました。

生えている範囲は割れ目の上の部分のみ、あとは全て脱毛しちゃいました。
残っているその割れ目の上の毛も、毛質を柔らかくしてもらい、ソロっと生えている感じ。 希望通り。大満足の仕上がりです。 脚も腕も背中も脇もそのころにはツルツルすべすべ肌でじょりじょりしていたことなんて
忘れてしまいそうでした。 20年近く、私はむだ毛と戦ってきたんだなぁ。

もっと早く、このフラッシュ脱毛が世に出ていたら、私の人生違ったものになってたのかもなぁ。 そんなことを考えながら、今を生きています。
最愛の娘が、見事に毛深く、私と同じように悩む日が訪れた時 何の迷いもなく勧めたいと思う。
そして最新の完全無痛のハイパースキン脱毛へ親子で通う…。
そんな日を楽しみに待ってみたいと思います。